本厚木インプラントセンター|術後のケア

術後のケア

  • 治療中のケア

  • インプラント治療には、症例により異なりますが通常4〜10回の通院と2〜3回の手術が必要となります。 さらに手術と手術の間には上顎で3〜6カ月、下顎では2〜4カ月ほどの治癒期間が必要となります。この間、特に手術後のケアは以下の通りです。
  • 1次手術後

  • 〔A〕ご注意


    ●手術後症状として痛み・腫れ・出血・鼻症状・皮下出血(青あざ)・しびれが出ることがあります。適切なお薬(鎮痛薬および抗菌薬)を内服します。

    ●出血が気になる場合は、お渡しした清潔な綿やガーゼなどを患部に圧迫させるよう10〜15分くらい強くかんでください。

    ●鎮痛薬は痛みがあるときに、抗菌薬は処方した分飲みきりで飲んでください。

  • 〔B〕 ひかえて頂きたい事

       (傷の治りが遅くなります)


    ●2〜3日はお酒・運動を避け、体を休めるようにしてください。

    ●出血が止まらなくなりますので、1週間くらいは強いうがいは避け、鼻は強くかまないようにしてください。

    ●歯ブラシやお食事が患部に直接ふれないように注意してください。

    ●タバコはインプラント部や周囲組織に悪影響を及ぼしますのでおやめください。

    ●手術後2〜3日は長いお風呂は避けてください。(シャワーは可)

  • 〔C〕 食事について

       (インプラント部位)


    ●なるべく柔らかい物(煮た物・豆腐・野菜ジュースなど)を摂るようにしてください。

    ●入れ歯をいれなくてもいい状況の時には入れないでください。 就寝時には必ず外して歯肉を休めるようにしてください。

    ●熱い物・辛い刺激のある物・コーヒーなどは避けてください。

    ●引きちぎる力がかかる食べ物は避けてください。

  • 2次手術後

  • 〔D〕仮歯が入ったら

    ●仮歯で固い物など強くかむことは、インプラントにひずみが 生じることがあります。軟らかい物を食べるようにしてください。

    ●頬や唇をかむ場合もありますが慣れてきます。原因の1つとして顔の筋肉などが仮歯に合わないので、 かんでしまうということが考えられます。

    ●慣れるまで、発音がしにくい事があります。不具合がありましたら、ご連絡ください。

  • インプラント治療後のケア

  • インプラント体や人工歯自体は虫歯にはなりませんが、天然歯が発症する歯周病と同様の「インプラント周囲炎」が周辺の歯茎に発症する可能性があります。インプラント周囲炎が進行すると顎の骨が吸収され、次第にインプラント体がぐらつき、最終的にはインプラント体撤去が必要になる場合もあります。毎日の丁寧な歯磨きと、歯科医院での定期メンテナンスでしっかりと予防することが可能です。

  • 〔1〕 毎日のお手入れ

    天然歯と同様に毎日の歯磨きが不可欠です。歯周病予防のためにも、 インプラントと歯茎の間を重点的に磨きましょう。

  • 〔2〕 歯科医院での定期メンテナンス

    インプラント周辺の歯周組織の検査に加え、ブラッシング指導、 歯垢・歯石の除去を行います。

 

PAGE
TOP