審美治療

[治療について]
審美治療
(ホワイトニングなど)

審美治療
HOME  治療について  審美治療

美しい口元は、人に明るいイメージを与えます。
当院では、虫歯治療などの歯の痛みなどの不快症状や機能の改善・回復をする治療に加えて、
さらに審美(見た目)の改善を目指した審美治療をおこなっております。

ホワイトニング

親知らずの抜歯

[ホワイトニングとは]

歯の表面を削ったり、溶かしたりするのではなく、ホワイトニング成分が着 色物質を分解することによって自然な白さにする処置法です。 歯本来の色があるため、白さには限界があります。 また、治療し詰めた物や、被せた物の色調は変化しません。そのため、ホワイトニング後に気になる場合は詰め直しなどの処置が必要になります。

[ホワイトニングの効果]

ホワイトニング処置は個人によりその効果が異なり、抗生物質による変色や神経がない 歯、金属による変色など、変色の原因によって色調の改善が見込めないこともあります。 ホワイトニングの効果の持続期間は、永久的ではなく、変色の原因及び生活習慣によって異なりますが、3~6ヶ月を目安に来院し、クリーニングや追加のホワイトニングな どをお受け頂く事により、白さを保つ事ができます。

[ホワイトニングの安全性]

ホワイトニング材は、歯への影響を考慮し、pHが中性に保たれています。また、成分である過酸化尿素は 歯茎の消毒剤としても使用されていますので、歯や歯茎に対して安心してご利用いただけます。

[ホワイトニングの副作用]

ホワイトニングにより、知覚過敏、歯肉・粘膜の違和感、歯の痛み等を 生じる可能性があります。これらは一時的なもので、通常数日で治癒します。 すでに知覚過敏の傾向にある場合、ホワイトニングを行う事でさらに悪化する可能性があります。
ホワイトニングを行うと、歯の表面に白い点や帯が現れることがあります。 これは歯に元々あるものが、ホワイトニングにより強調されたものです。 数日経つとまわりに馴染みますが、それでも気になる場合は、歯科医師・ 歯科衛生士にご相談ください。

[ホワイトニングの種類]

ホワイトニングは、クリニックで受けていただく「オフィスホワイトニング」と、ご自宅でご自身で管理いただく「ホームホワイトニング」があります。
ホワイトニングの効果自体は大きく変わりませんが、オフィスホワイトニングはクリニックで我々スタッフの処置を受けていただくため、患者様のご自身でしていただくことはあまりありません。しかし、クリニックでの拘束時間は長くなるため、日中に時間を作りにくい方には不向きです。
ホームホワイトニングは、ご自身で管理していただくので好きな時間におこなうことができます。しかし、オフィスホワイトニングの薬液に比べて濃度が低い材料を用いるので、お時間が長くかかります。また、ホワイトニングトレーと呼ばれるマウスピース内に薬液を塗布し装着していただくので、マウスピースが苦手な方には不向きです。 下記表を参考にしていただき、ご自身に合う方法をご検討ください。

表は左右にスクロールできます

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング
 

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング
35,000円(税別)
※通常上下顎4番目まで1歯ごとの場合:3,000円
費用 25,000円(税別)
※上下顎マウスピース&ジェル8本
1.5H~2.0H(院内)を1~3回 治療期間・拘束時間 4.0H~/毎日(自宅etc)を2週間~1か月
歯面に薬剤直接塗布 方法 薬剤を塗布したマウスピースを装着
過酸化水素30~40% ※取扱にライセンス必要 使用薬剤 過酸化尿素10%(過酸化水素3.5%)
非常に高い 効果 高い
比較的しやすい ※歯質の深層まで浸透できないので 後戻り しにくい
※後戻りの防止および効果の持続・増強のためオフィスとホームの併用
  “デュアルホワイトニング”を推奨しております。費用は40,000円(税別)となります。
治療一例​
治療の流れ(初診時)
患者様:60代女性
治療内容:ホームホワイトニング
治療期間:3回(クリニック)
治療費用:20,000円(税別・保険適用外)
(処置前クリーニング・ホワイトニングトレー・ホワイトニングジェル込み)

治療の流れ(初診時)
患者様:50代男性
治療内容:オフィスホワイトニング
治療期間:1回(2時間)
治療費用:35,000円(税別・保険適用外)
(処置前クリーニング・知覚過敏処置・ホワイトニングジェル込み)

ウォーキングブリーチ(歯の内面からのブリーチ)

[ウォーキングブリーチとは]

外傷や大きな虫歯などによって神経がなくなった歯(失活歯)の色が暗く変色してしまうことがあります。そのような歯を内面から脱色し、その歯本来の白さを取り戻す治療がウォーキングブリーチです。歯の中に高濃度の漂白剤を入れて、内側から歯を徐々に白くします。そのため、神経のある歯(生活歯)には使用できません。またホワイトニングと異なり、1本ずつの治療となります。

[ウォーキングブリーチの効果]

失活歯の変色は歯の内部に原因があります。内側から原因を除去して白くするウォーキングブリーチは、歯の外側から白くするオフィスブリーチやホームブリーチよりもホワイトニング効果が高く、ホワイトニング後の仕上がりもより自然な感じになります。
歯を削らずに変色した失活歯を白くできますし、変色した失活歯をセラミックなどの被せ物で治療する予定の場合でも、内部の歯の色調を改善することでより審美的な結果を得ることができます。

[ウォーキングブリーチの安全性]

薬剤として高濃度の漂白剤を用いますが、取り扱いには十分注意を払っており、歯や歯茎に対して安心してご利用いただけます。

[ウォーキングブリーチの副作用]

稀にですが、薬剤による発生ガスが原因で痛みを感じる可能性があります。ウォーキングブリーチは、歯の内面に薬剤を流し込んだ後、仮の詰め物を行います。歯の内面で薬剤を長期間密閉された状態が続くと、薬剤から発生するガスが原因で、歯の根や歯を支える骨に悪影響を及ぼし、痛みを伴うことがあります。そのため定期的な薬剤の交換が必要です。
治療一例​
治療の流れ(初診時)
患者様:50代女性
治療期間:2回(クリニック30分⇨2週間後色調確認)
治療費用:10,000円(税別・保険適用外)

セラミック治療

[セラミック治療とは]

セラミック治療は、虫歯などで失った歯質を天然歯と同じ色・質感のセラミック製の詰め物・被せ物(差し歯)を用いて「歯の色」「歯の形」「歯並び」をより美しく、本来の歯のようにする治療です。
保険が適用できる被せ物(差し歯)の場合、金属を含んだ素材、あるいは限られた素材でしか治療することができません。
自由診療ではありますが、セラミックを使用することで、より綺麗に美しく仕上がるように治療しています。
一時的に歯を白くするホワイトニングとは異なり、色を細かく調節でき、着色や変色が非常に少なく、白さを長期間維持することが可能です。ただし、セラミックを被せたり詰めたりする治療となるため、すでに治療された歯でない場合は「歯を削る」必要があります。
当院では、自費診療専門の歯科技工士に依頼しています。高度な技術でご納得いただける、詰め物や被せ物をご提供できるよう心がけています。

[セラミック治療のリスク]

セラミッククラウンは被せ物なので、対象の歯を削る必要があります。また、完成までに時間がかかります。
かみ合わせや歯ぎしりが強すぎる方はセラミックが割れてしまう可能性があります。
自由診療(保険適用外治療)となります。
治療一例​
前歯の被せ物
[前歯の被せ物]
患者様:30代女性
治療期間:3回
治療費用:320,000円(税別・保険適用外)
(80,000円×4本)

治療の流れ(初診時)
[前歯の被せ物]
患者様:50代男性
治療期間:3回
治療費用:300,000円(税別・保険適用外)
(ジルコニアセラミックブリッジ 100,000円×3本)

奥歯の被せ物
[奥歯の被せ物]
患者様:40代女性
治療期間:3回
治療費用:80,000円(税別・保険適用外)

奥歯の被せ物
[奥歯の被せ物]
患者様:40代女性
治療期間:3回
治療費用:100,000円(税別・保険適用外)

ガムピーリング

[ガムピーリングとは]

どんなにセラミック治療やホワイトニングで歯を白くしても、、歯茎の色が黒く不健康に見えてしまう人は、せっかくの歯の美しさが半減してしまいます。
しかし、歯茎の色は、歯磨きや紫外線、喫煙など日常的な刺激により、だんだんと黒や紫、茶色に変色します。
当院では歯茎を健康的なピンク色に漂白する「ガムピーリング」という審美治療を行っております。

[ガムピーリングの効果]

ガムピーリングは個人によりその効果が異なり、黒ずみが強い方は数回の処置が必要な場合もあります。また、歯周病や歯肉炎による歯茎の黒ずみや金属の詰め物による歯茎の変色(メタ ルタトゥー)は、ガムピーリングでは治すことができません。歯周病治療や詰め物の交換をして、歯茎の変色の原因となる病気を治療してから、ガムピーリングを行います。 効果の持続期間は、永久的ではなく、変色の原因及び生活習慣によって異なりますが、3~6ヶ月を目安に来院し、後戻りの有無を確認いたします。

[ガムピーリングの安全性]

ガムピーリングは、消毒薬を高濃度で用いておこないます。使用する薬剤は独特の匂いがありますが、取り扱いには十分注意を払っており、歯や歯茎に対して安心してご利用いただけます。

[ガムピーリングの副作用]

ガムピーリングにより、処置中処置後に歯肉・粘膜のピリピリとした痛み等を 生じる可能性があります。これらは一時的なもので、通常数日で治癒します。治療後は刺激物の強い食べ物は控え、歯ブラシで強くこすらないようご注意ください。
治療一例​
前歯の被せ物
患者様:20代女性
治療期間:1回(30分)
治療費用:5,000円(税別・保険適用外)
(処置前クリーニング・ホワイトニングトレー・ホワイトニングジェル込み)

ガムピーリングを受ける際の
注意点

  • ・使用する薬液が独特の匂いがあります
  • ・数日間は歯茎のヒリヒリが続くことがあります
  • ・治療後は刺激物の強い食べ物は控えてください
  • ・歯ブラシで強くこすらないようご注意ください
  • ・歯茎の表面の白い膜は無理にはがさないでください
  • ※歯茎の腫れや痛みが気になる場合は、お早めにご相談ください。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

入れ歯のバネなど、銀色の材料が気になってらっしゃる方はご相談ください。
ノンクラスプデンチャーは銀色の留め具を使用しない入れ歯のため、見た目が気になる方におすすめです。
また、金属を使用しないので金属アレルギーの心配もありません。

費 用1~4歯:120,000円(メタル含)、5〜9歯:140,000円、10歯〜:160,000円(保険適用外)

所要時間45分~

治療回数3回~

費 用
1~4歯:120,000円(メタル含)
5〜9歯:140,000円
10歯〜:160,000円
(保険適用外)
所要時間
45分~
治療回数
3回~

入れ歯全般のデメリット

  • ・食後の清掃など、着脱管理のわずらわしさがある
  • ・着脱式なので、紛失・破損の恐れがある
  • ・入れ歯のバネが目立つ
  • ・入れ歯下の歯肉が痩せるので定期的な調整が必要
  • ・バネをかける歯に負担がかかる
  • ・異物感があり、発音・味覚・咀嚼などの機能が低下する恐れがある

上記入れ歯全般のデメリットに加え、ノンクラスプデンチャー特有のメリットやリスク・副作用があります。

ノンクラスプデンチャーのメリット

  • クラスプという金属のバネがないので、審美性が良い
  • 軽くて異物感が少なく、装着感が良い
  • 入れ歯を支える歯の負担が少ない
  • 保険適用の入れ歯より柔軟性があり、割れにくい
  • 金属を使わないので金属アレルギーの心配がない

ノンクラスプデンチャーのデメリット

  • 自費診療なので費用がかかる
  • 柔軟性があるが入れ歯が緩くなることがある
  • 壊れにくいが壊れた時の修理・調整が難しい

支払い方法のご案内

自由診療のお支払い方法は、現金・クレジットカード・振込が選択可能です。
また、一括払い・各種分割払いも対応可能ですのでご相談ください。
分割払いの回数が多くなりそうな場合には、下記デンタルローンのご提案もできますので、気軽にご相談ください。
なお原則として、自由診療終了後の返金は致しかねます。
治療を途中で中断される場合、治療内容に応じて治療費をいただくこととなりますので、あらかじめご了承ください。
治療内容に応じて、各種補償を設けております。詳細は担当医にお尋ねください。

医療費控除に関して

1年間に10万円以上の医療費を支払った場合、納めた税金の一部が還付されます。
自分自身や家族のために、その年の1月1日から12月31日までの間に10万円以上の医療費を支払った場合、税務署へ確定申告することで、治療費の一部が戻ってきます。領収書や通院の際にかかった経費の領収書などは大切に保管しておきましょう。

診療科目

当院では一般歯科からインプラント治療、専門医が担当する口腔外科まで幅広い治療に対応致します。

ご予約・ご相談はこちら